バラまき土産で定番のど飴「京都念慈菴枇杷潤喉糖(Nin Jiom)」

バラまき土産で定番のど飴「京都念慈菴枇杷潤喉糖(Nin Jiom)」

香港在住者も愛用しているのど飴「京都念慈菴枇杷潤喉糖(Nin Jiom)」。香港スターや日本でもトップシンガーや男性アイドルなどが愛用しているということで雑誌やメディアでも紹介されています。

京都念慈菴とは

京都念慈菴は清朝の時代に北京で創業しており、最初はのど飴ではなくシロップを販売していました。ちなみにシロップは今でも販売はされています。現在は、のど飴の形で売るようになりました。商品名に「京都」とありますが、これは日本の京都府ではなく北京を指していて、北京にお店を始めたことから名付けられているようです。1964年に会社として香港で立ち上げています。

どんな味があるの?

「原味(Original)」、「蘋果桂圓味(Apple Longan)」、「金桔檸檬(Tangerine Lemon)」、「檸檬草味(Lemongrass Mint)」、「超涼薄荷(Super Mint)」、「烏梅(Ume Plum)」の6種類です。薬草抽出成分配合の漢方のど飴なので本格的な苦めかと思いきや、オリジナルは杏仁豆腐みたいな味がするので想像以上に美味しいです。

どこで購入できるの?

スーパー、ドラッグストア、コンビニなど比較的どこでも手に入る商品です。缶入りHKD20程度、袋入りがHKD10ドル程度。スーパーやドラッグストアではまとめ買いで安くなったりディスカウントで販売されています。香港最大手のスーパーマーケット恵康(Wellcome)はもちろん、萬寧(Manings)、屈臣氏(Watsons)のドラックストアチェーン、ピンクの看板でお馴染みの沙沙(SASA)というコスメ店でも販売されています。コンビニですとセブンイレブンが多くありますので滞在先のホテルの近所での手に入りやすいです。

香港お土産カテゴリの最新記事